NZ-オークランド在住。


by tankobunko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

嫌われ者ポッサム

ニュージーランドには約7000万頭のポッサムが棲息していると言われている。
それって、ニュージーランド総人口の16倍?17倍?
牛はともかく、ヒツジの数なんか目じゃないぞぉ。

オークランドから少し離れ、南下していくと、路上でポッサムの死骸をよく見かける。
ニュージーランドに来た当初は、ポッサムの死骸を見かけるたび、
「うわああ〜っ」
と叫び声をあげ、動揺のためか、必要以上にハンドルを切ったりして、オットをハラハラ(イライラ?)させてたもんだ。

先週のイースター休暇中、夜間にWaikaremoanaまでのガタガタ道を運転していたら、野生のポッサムを1時間で少なくとも20頭は見かけた。
夜行性の割には、車が近づいてるのにも関わらず、すばやく逃げる様子もない。私たち、ポッサムに見つめられてる?
ま、ともかく、「そんなんだから、車に轢かれちゃうのね、、、」と妙に納得。

ニュージーランドでは、ポッサムは「ペスト」である。
かなりの厄介者で、かなりの嫌われ者なのだ。
なぜなら、
ポフツカワといったニュージーランド原生の木々を食い尽くすから。
ニュージーランドの野生鳥類、その卵、ヒナを食べるから。
などなど。

ニュージーランド政府は、自国の自然を守るため、ポッサム撲滅を目指してこれまでに多額のお金をつぎこんでいる。
例えば、
郊外に出て、電柱に注目してみたことあります?
よく見ると、各電柱の真ん中あたりに、アルミの板(だったと思うけど)が巻かれている。木に登るのを得手とするポッサムが電柱によじ上り、線という線をガジガジッ、とかむのを防ぐために作られたようだ。

元々、毛皮産業のためにオーストラリアから連れてこられたのに、利益より被害額のほうが大きくなってしまって、すっかりやぶ蛇状態だーね。
[PR]
by tankobunko | 2006-04-19 23:21 | NZアウトドア・スポーツ