NZ-オークランド在住。


by tankobunko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

車の運転(2)パンク編

去年のクリスマスに、オットの家族が集うハミルトンまで、
一人でオットの車を運転することになった。
オットは用事で一足先にハミルトン入りしていたのだ。

3週間のクリスマス休暇を南島でオットと過ごすことになっていたので、
車内は3週間分の荷物で(それもほぼ天井まで)ふさがっていたけど、
車は4WDのオートマ車だから運転は楽チン。

クリスマス当日、早起きをしてオークランドを出発した。
到着時間は2時間後、のハズだったのに
ハミルトンまであと30分くらい、というところで
車のタイヤがパンクしてしまった。

「バチンッ!」と音がしたとき、
まさか自分の運転する車がパンクしたなど夢にも思わないから、
「何だろ、今の音?」程度にしか考えず、チラッとサイドミラーをチェックしただけ。
そのまま数分走り続けていたら、車がガタガタとし始め、何だかバランスが悪くなってきた。
道路がちゃんと舗装されてないのかなぁー、と思い、また走り続けた。
すると、今度はプラスチックの焦げたような匂いがし始め、
サイドミラーを再度チェックすると、
何やら煙がモクモクと私の運転する車から出ているではないかッ!
すぐさま、車を走線外に停めて、外に出てみると、
後方の右タイヤがペチャンコどころか、裂けまくってる、、、
ひえええええ〜。 ヾ(; ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄;

うーん。どうしたらいいんだろう、こういう場合?
バンク未経験者にはわからないのよー。
AA (Automobile Association) に電話するんだろうか?
うーん。わからーん。
ので、とりあえずオットに救援を頼むことにした。

惨めな気分で車の横に立って待つこと30分。
その間、
「大丈夫?手貸そうか?」
と車が何台か止まってくれ、声をかけてくれた。
何故か救急車まで止まってくれたけど。(^^;)

世の中捨てたもんじゃないなー。

オットが到着し、スペアタイヤを車から出して、
ササッとタイヤ交換をしてくれた。
やっぱりオトコの人は違うなぁ〜♥
なぁんて、ホレボレして観察してました。
私なんか、スペアタイヤが車に付いてること自体、
知らなかったしな(* ̄▽ ̄*)ゞ
[PR]
by tankobunko | 2006-05-02 22:18 | NZ全般