NZ-オークランド在住。


by tankobunko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:国際結婚( 16 )

ビバ!タマゴチャン

tamago-chanて。

ワタシの新しいニックネームなんだそーな。(オット作)
、、、おいおい。
ペンギンかダチョウか何かと勘違いしてるのではないでしょね。( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)

先日、サラッと書いたんだけど
実はワタシ、ニンプなのであります。
こたんこぶが出てくる予定日は9月下旬。
このお腹がどこまで大きくなるのか見物っつーよりは、恐怖。( ̄▼ ̄|||)

こたんこぶが産まれる前に
日本に里帰りして、もう一遊びしてこよー!と密かに企んでいたんだけど
1.5人前の体って思った以上にコントロールがきかない。
だもんで、諦めました。しくしく。

f0079844_14192380.jpg

週末を過ごしたハミルトン(Hamilton - NZ第四の都市)での朝。
冬に突入したからか、ここ数週間は霧が深いそーですよ。
[PR]
by tankobunko | 2007-06-06 14:20 | 国際結婚

オットが帰ってきた

くうううううううっ
やっと帰ってきたかぁ〜っ(;▽;)

仕事の関係で1ヶ月弱ほどアメリカ東海岸へ行っていたオットと
涙の対面、涙の抱擁を果たしたばかり。(ってウソに決まってるけど。)

f0079844_19264671.jpg

                オット撮影のNY


2、3日から1週間の留守って
「羽を伸ばすぞぉ、ぐふっ♪」ってなかんじなんだけど
さすがに1ヶ月は長い!と思った今回。
日本で留守番していたら、気持ちもまた違ったのかもしんないけど?

でもまぁ、アレですね。
自分のためにも、相手のためにも、お互いのためにも
たまには離れて、一人で過ごしたり、一人で考えたりする時間を持つことは大切。
これは恋人同士でも夫婦でも同じでありましょう。

ただ今回、ヒジョーに困った点といえば
ガレージのドアが閉まらなくなってしまった時とか
電球を替えたいのに、背が低くて手が届かなかった時とか
強風で庭の大木が倒れた時とか
まぁ細々とあったんだけど。( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)

何よりも辛かったのは
静かな住宅街の一軒家に、夜、一人でいることだったりしたんである。
家がきしむ音やら、風が窓を叩く音やらが、一人で静かな分、余計響いたりするわけで。
そんな音がするたびに
想像力が膨らみまくって、ひぃぃぃぃいいとびびるだけびびって
一人で勝手に疲れてたので世話がない。(/´゚ω゚`;,)/タスケテェ〜

といっても
まぁそんな取るに足らない気苦労も1週間すれば
慣れるもんだと学んだ1ヶ月だったりして。(≧▽≦;)ぬはははは
[PR]
by tankobunko | 2007-04-20 22:35 | 国際結婚

40th Birthday Party

何気にイベント続きの2月中旬。

まず、バレンタイン。(干涸びてましたけどね 笑)
そのすぐ後にオットの誕生日。
そしてそのすぐ後にNZでの結婚記念日。

毎年の話といえど、今年はちょっと様子が違った。

なぜってオットが40を迎えたから。\(◎o◎)/ウォッ!

ちなみに
『40にして惑わず』と言ったのはかの孔子。
『いいオッサンねぇ、、、』と言ったのはワタシの母。
だからといって年齢をあまり気にしてない本人。
そのせいか、ツマには(色んな意味で)オットが40には見えない。( ̄m ̄*)



ニュージーランドでは、40才の誕生日を盛大に祝うことが多い。
普通に会食をしたり、飲んだりしたり、という人達もいるけど
テーマを決めて、パーティーをする人達も多い。
例えば、ワタシがこれまで招待されたものには
「ハワイアンがテーマだから、ハワイアンの格好をしてくるよーに。」
「海賊がテーマだから、海賊の格好をしてくるよーに。」
「誕生日を迎える人の名前がChrisだから、Cで始まる何かに仮装してくるよーに。」
等々、趣向が凝らしてあった。

そこでオットの場合。
どういった趣向のパーティーにするかは
前々から勝手に決めていたのでテーマで迷うことも全くナシ。
昔、オットはラガーマンだったので、テーマはラガーマン。
そう、至って単純明快〜!o(゚▽゚o)(o゚▽゚)o
『老若男女構わず、あの短〜いラガーショーツをはかせてしまえっ!』作戦だったのだー。
ツマの腕の見せ所だったのだー。

だのに〜。

ワタシがトロトロしてたせいだろーか。
友人がカワウ島の別荘を使ってもOK、と自らオファーしてくれた。
そういった経緯で
昔から決めこんでた作戦をいとも簡単に却下して
1ヶ月を切りまくった挙げ句に
焦りまくってようやく招待状を出した次第。( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)

ギリギリに招待した割には、週末泊まりがけで、という強行プランだったので
人が集まってくれるだろーか、とちょっと不安だったけど
沢山の人達が集まってくれて
手助けも沢山してもらって
本当に感謝の気持ちで一杯になったんである。(↑∇↑)



ピーカン晴れ、35℃にまで気温が上がった週末。
ビーチで寝転ぶ者あり、
海で泳ぐ者あり、
シーカヤックする者あり、
釣りをする者あり、
オイスター&ムール貝採りに真剣になる者あり、(←日本人 笑)
昼間っぱらから酔っぱらう者あり、
働く者あり(ワタシが無理矢理お願いしてたというハナシもあるが)、と
みぃんな好き勝手にしてたけど
日が暮れる頃には、パーティー会場にわらわら集まってきて
そりゃもう楽しかったのだ。

集中して頑張ってよがっだー!!
オットくん、お誕生日オメデトー!
(* ̄∇ ̄)/゚・:*【祝】*:・゚\( ̄∇ ̄*)

f0079844_15305346.jpg

[PR]
by tankobunko | 2007-02-19 21:33 | 国際結婚
子供だった頃。
そして独身だった頃。
『○○○く〜ん、大好きぃっっっっ♡』
自分でチョコレートを作ったことは一度もなく
代わりにといっちゃー何だが
ラブラブ光線(←死語?)をガンガン投げていたもんだ。


そう、今日は聖なるバレンタインデー。


結婚してる現在。
数日前、友人に
「バレンタインに何かするの?」と聞かれるまで忘れていた、という体たらく。
これではオンナがすたるわ、と
がんばって今朝まで覚えてたのだ。

ワタシ「おはよー。今日はバレンタインデーだよ〜♪(ワクワク)」
オット「……あ。すっかり忘れてた。…僕たち出かけたほうがいいの?」



、、、おいおい。( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)



『自分はロマンチックである』という自説は一体何処へ?
「忘れてたけど、どこか出かけよっかー?」くらい言えないのかね(笑)


まぁ人のことはとやかく言えない。
なぜなら
キーッとさえならず、別にいっかー、なくらいで、全く気にならないもんなぁ。( ̄∇ ̄;)


、、、これってマズいのー?



という訳で
普段と変わらない1日を送っております。

幸せな1日をお過ごし下さい♪
[PR]
by tankobunko | 2007-02-14 14:43 | 国際結婚
先日、友人に指摘されるまで気づかなかった。

我が家の食生活は思いっきり”洋”なんだそーだ。
自分ではアジア料理もかなり取り入れてるつもりだったんだけど、
っていうか
かなり取り入れてると今でも思ってるんだが?

和食をこよなく愛するワタシではあるが
オットがこれまた”洋”であるため
それに加えて、食欲が衰える、ってこととは無縁の人であるため
気がつけば
ウェスタ〜ンな食事を作ってることが多い(らしい)。

例えば

ホウレン草。

ホウレン草が冷蔵庫の中にあった場合
どんな献立を世の中の人々は思いつくんだろーか?

ワタシといえば
パスタ、グラタン、キッシュ。要は簡単だからなんだけどね。てへ^^;


思いっきり洋食ぢゃん。( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)


そんなことは言っても
ワタシ自身、フツーの日本食が食べたくて食べたくて仕方がないっっ!!!
というデスパレートな状況になると
オットそっちのけで、朝もはよから、一人で作って、一人で食べてるが。

友人いわく
外国に住んでいても、日本人夫婦の場合だと
日本にいた時と食卓がほとんど変わらないんだとか。うらやますぃ〜(≧∩≦)クゥ
だから、外食する時は
日本食じゃないことが多いんだとか。
そんな友人、我が家の食事を垣間見て
ワタシが日本食、日本食って涙ながらに(ウソ)言い続けてるワケを
ようやく飲み込んだらしい 笑

f0079844_17262960.jpg
そんな先日、
洋モノ続きのワタシに同情してか、
友人が差し入れしてくれたアンパン♪
ヾ(@⌒¬⌒@)ノ
[PR]
by tankobunko | 2006-12-06 21:38 | 国際結婚

笑う誕生日

多忙な30代、時の経つスピードが早いったらありゃしない。
なので年々忘れがちな誕生日である。
…とはいっても、日にちだけは覚えてて
何才になるんだっけ、と一瞬考えないといけない、
ってことだけなんだが。゛(6 ̄  ̄)ポリポリ

いくつになっても
祝いの言葉や贈り物をいただいたりすると
ヒジョーにうれしいものである。

一昨日の誕生日の朝
オットからプレゼントを渡され
開けてみると去年もらったプレゼントとパターンが似ていた。
当の本人(=オット)は全く気づいてなかったが。( ̄m ̄)ぷっ

オトコとオンナの違い、ここにあり、ってことなのか
それとも我がオットゆえに、ってことなのか
真相は不明だが(多分後者だと思うけど)
あまりに”らしい”ので
失礼千万なのは承知で朝から大笑いしてしまった。(´゚∀゚)σギャーハハハハハハ 

f0079844_1535087.jpg

←オットからもらった花束。








お祝いの言葉を送ってくれたみなさん
どうもありがとうございました。
今後とも自分らしく年齢を重ねていきたいと思っとります。(〃∀〃♪)
[PR]
by tankobunko | 2006-11-15 19:47 | 国際結婚

ユーモアのセンス。

外国に住んでいたり
外国人と時間を過ごしていたりすると
ユーモアのセンスが問われることがしばしば。

所詮、笑いのセンスって
元々の性格やお国柄に依るものだが
日常生活に笑いがあるっていうのは楽しいもんである。
笑えない場合もあるが、ま、それは置いといて。

昨晩、我が家の電話が鳴り
近くにいたオットが電話を取った。
「元気ー?久しぶりだねー。」
オットの声が隣の部屋まで筒抜けである。
一通りの挨拶が済んだかと思えば
急にマジメな声で
「実は、僕とたんこぶ、別れたの、、、えっ?、、、知らなかったの?」
なんて言ってるのが聞こえてきた。
あらま、またやってるわ、と思いきや
次に聞こえてきたのはオットのバカ笑い。

ガハハハハハハハッ!

「たんこぶー、キミに電話〜♡」
だと。

アンタの友達じゃなくってワタシの友達だったんかい!
ε=ε=ε=(#`・д・)/ コラァー!!
半年ぶりに電話をくれた北島に住む友人、
どう対応したらいいのか迷ったらしい。
そりゃそーだ。

こういった類のジョークが非常に好きなオットである。
そんなオットからの一言。

「僕とたんこぶのユーモアのセンスって似てるよね〜^^
だから僕たち国際結婚できたんだね〜。」





......................................................。





.............それはどーでしょう。( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)
[PR]
by tankobunko | 2006-10-03 22:01 | 国際結婚

3日がかりの大掃除。

よーやく終わったよ。ε=( ̄。 ̄;)フゥ

どーやってここまで散らかったのか教えてほしいもんだ。
ま、元々の性格もあるけど
オット曰く
多忙を極めてたらしく
この1ヶ月間はサバイバルだったんだそーな。
( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)

今週末、オットはギズボーンに行っているため
一人で黙々と掃除をした。
ワタシが散らかしたわけでもないが
オットも休まなきゃ可哀想だし
なにせ、ワタシ、日本から帰ってきたばかりなので
摩訶不思議、ヒジョーに寛大なんである。

そこで達した結論:

夫婦円満の秘訣は

ちょくちょく日本に

帰ることであーる。(キッパリ)

[PR]
by tankobunko | 2006-09-17 15:41 | 国際結婚

オンナは花に弱い。

ワタシは花がとても好きである。
野の花、生け花、何でもオッケー。
そういった意味では
ニュージーランドは最適な場所である。

実はこの1週間、2度にわたって
オットから花束をもらったのだ。

快挙ぢゃーないですか!

半ギレ・半泣き状態で
一心不乱に仕事してたワタシを
簡単に喜ばせる方法を
オットは熟知してるらしい。

、、、そうそう。
ただの単純バカ。(〃 ̄ω ̄〃ゞ

でも
お花をもらう、って
結婚してても
いくつになっても
本当に嬉しいもの、である。

ついでに
も一つ良いことがあったのだ。
オットがかな〜り前に
店頭で懸賞チラシを書き込んでたんだが
DVDプレーヤーが当っちゃいましたよぉ〜。

ラッキー♡

我が家には、
すでに1台あるんだけど
お蔵入りはしませんっ!
ニュージーランドの電化製品、よく壊れるから
スペア製品、ってことで。(゚▽゚*)にぱっ。
[PR]
by tankobunko | 2006-07-06 08:52 | 国際結婚
不完全燃焼に終わりがちなもの。

でも、エネルギーを大放出するもの。

それはっ。

ニュージーランド人のオットとの喧嘩です。
(注:喧嘩中ではありません、念のため^^)

【ハンデその壱】

オットの言語(=英語)を使って、喧嘩をするのって
ヒジョーにアンフェア。
喧嘩がヒートアップすればするほど
言葉を巧みに操らなければッ!である。

いくら外国生活が長かろうが
母国語同様に外国語を喋る帰国子女でない限り
純血なバイリンガルにはなり得ない、
というのがワタシの持論。
だから
同じ土俵に立つには
あの手この手裏の手を使わないと。<( ̄^ ̄)>裏技募集中デス。

【ハンデその弐】

喧嘩に対する姿勢が全く違うんである。

端的に言えば
「喧嘩に慣れた国民 v. 喧嘩に慣れてない国民」

オットは、討論会とかに強そ〜なタイプ。
そりゃもう手強いの何のって。
血気盛んと言われるスコットランド人の血を
受け継いでいるせいだろーか?

ワタシはと言えば、
「和を持って尊しとなす」処の国民なわけであって。

だからですね、
夫婦喧嘩をすると、エネルギー大放出しなきゃ、です。 ( ̄_ ̄)9"
国際結婚をしてる方、
オットが日本語をしゃべらない、という境遇にいる方、
分かっていただけるかと思うんですけど。(期待大♥)

㊙テクニックとかあったら是非一報下さーい♪
[PR]
by tankobunko | 2006-06-13 19:20 | 国際結婚